毛皮の種類によって英語も異なってくる!?

日本では主に毛皮のことを「ファー(fur)」と言います。一般的にファーとは柔毛の事をさします。生皮になると、「スキン(skin)」「ペルト(pelt)」と表現します。また、犬や猫などの毛皮を表す単語としては「コート(coat)」であり、羊などの毛皮は「ジャケット(jacket)」「フリース(fleece)」と言います。 また、毛皮の種類にこだわらず、集合的に表す場合には、「ファープロダクツ(fur products)」 という風に表され、日本でも多く使われているように「ファー」と表現するのが正しいようです。日本語では「毛皮」と一言にまとめて表現されますが、英語では、種類によって様々な表現をされていますので、海外のサイトなどで英語を使って毛皮を探される際には、探しているものの種類によって英語を変えて探してみるのも、良い製品が見つかる1つのきっかけになるかもしれませんね。海外のサイトなどを利用する際には是非使ってみてください!