毛皮の工場ではたくさんの生産量がある

毛皮を生産する工場は日本国内には少数ですが世界にはかなりの数の工場がありそれらでは多くの生産量があります。 食肉に加工される動物からとれた副産物である場合は皮のまま工場に運ばれてきますがそれ以外の動物は絶命させてから採取します。採取後はすべての毛皮の共通の工程であるなめしがあります。なめしの加工精度で毛皮の価値が殆ど決まってしまうので各工場には優秀ななめし専門の職人がいます。なめし工程が終わったら製品として使用に耐えうる品質にするためにリンスやシャンプーなどを塗布して臭いや汚れを取り除き潤いを与えます。その後の工程では必ず検品作業があります。検品作業では毛皮に穴やほつれなどがないかチェックし異常があった場合にはこの時点で処分されるか別の用途につかわれます。毛皮の工場では高品質な製品を出荷するために毎日様々な職人が作業をしています。毛皮が市場に出回るまでにはたくさんの人々の仕事と苦労があるのです。