毛皮のマントの歴史は原始時代まで遡れる

毛皮のマントは、歴史が非常に古いです。その発祥は原始時代まで遡ることができるとされていて、衣類の中でもトップレベルに歴史があると言えるでしょう。大昔は、野生生物の毛皮を剥いで、そのままマントとして使っていたのです。これは防寒という意味もありますが、見た目をカモフラージュするという役割にも期待されていました。昔はそれほど着るものがなかったために、肌を枝などから守る役割も与えられていたと考えられています。今では信じられないかもしれませんが、毛皮のマントを着て狩りをするのが一般的だった時代もあるのです。中世に入っても、世界中で毛皮のマントはまだまだ現役で使われていました。背後から斬りかかられても命を守れますし、弓矢にも強く、そして雨風をしのぐこともできます。野宿するときには布団やシーツ、マットの代わりになりますから大変に便利なのです。現在ではほとんど見られなくなったものですが、買うことができないわけではありません。